VENUS BED LOOKBOOK SHOOTING REPORT

RYOSUKE TOMITA

こんにちは。デザイナーの富田です。
昨年末に弊社ブランドサイトがリニューアルされ、ブログを書けるスペースができたので、早速書こうと思います。
本題の前に少し前置きを・・・
僕は関西でデザイナーとしてweb制作会社・サービス会社の2社を経験し、昨年10月からBEES/HONEY(以下:ビズハニ)にジョインしました。なぜビズハニに転職したのか。転職後も何度か質問されることがありましたが、気恥ずかしさもありへらへら笑ってごまかしてたので、少しそのことを。
転職しようと考え始めたのは、自分のビジョンが見え隠れするようになった頃です。

経済を回す手助けとしてのデザイン

大それた話のように聞こえますが、普段の生活にも生産・消費の経済活動はありますね。
過去携わったECサイトの制作案件で、お客さまから良い結果が出たとお礼の言葉を頂きました。やりがいを感じましたし、とても嬉しく、報われたような感覚になったのを覚えています。そんな体験から、企業・団体・個人の経済活動の手助けになるような活動をしたいという気持ちが大きくありました。それを達成する手段として、マーケティング・ブランディングの必要性や、アウトプットの重要性を強く感じていました。そして何より、デザイナーとしてクリエイティブの可能性を信じていました。
このようなビジョンに沿った活動ができそうな企業はないかと探していたところ、たまたまビズハニと出会い、面談の機会をもらい運良く手招きしてもらえた、という流れです。面談で話をする中で、自分の中の、まだ曖昧だった感覚を言語化してくれたような気がしました。
今、楽しく毎日を送れているのは、もちろん受け入れてくれたビズハニのみんなのおかげでもありますが、自分が今どうありたいのか、数年後にどういう道に立っていたいのか、そういう自問がもたらした結果だと思っています。
自分に嘘はダメ絶対。
ということで、
脱線してしまいましたが、先日同行した撮影現場のレポートです。

朝8時、現場に到着しました。

どーん。富士山でかいです。

天気も良く、絶好の撮影日和です。木が多いと空気が澄んでいて気持ち良いですね。

IMG_8712

みんなでせっせと搬入。

IMG_8730

搬入が終わると、ベッドを組み立てます。

IMG_8736

手前にいる方は、今回撮影現場のスタイリングをしていだだいた、プロップスタイリストの島田まふみさんです。まふみさんが自由にスタイリングした環境を、カメラマンがばしばし撮っていく、フリースタイルで撮影は進みます。

IMG_8770

どんどん形になっていきます。

IMG_8788

使用された小物たち。かわいいです。

IMG_8809

シーツなどのしわを伸ばしてくれたアイロン。

IMG_8811

そしてカメラマンの山口さん
ダンディーカメラマンです。Toro Y Moiに似てます。

IMG_8842

そして、現場を見つめるビズハニのボスディレクター中島。
今回の現場管理や手配などを仕切っています。

IMG_8873

IMG_8887

IMG_8941

猫。

IMG_8948

ランチタイム。

IMG_8866

午後も撮影は続きます。
現場がどんな感じになってるのかもっとたくさん紹介したいところですが、もうすぐサイトも公開になりますので、もう少しお待ちください。

IMG_9023

日も落ちてきたところで撮影終了。
弊社のアートディレクター高田も交えて最終確認中です。

あとはせっせと片付けです。

IMG_9020

ちゃんと仕事してます。

餅は餅屋

今回改めて感じました。素敵な空間を作ってくださったまふみさん。それを写真に収めていく山口さん。出来上がりはもう確認済みですが最高です。ここに載せたいぐらいですが、ダメ絶対言われます。
その分野でのプロフェッショナルが集まって、一つのものを作り上げる。座組。やっぱり餅は餅屋ですね。

搬出も終え、帰りはこんなところに寄りました。

IMG_9054

なんて美しいんでしょう。
そして、

IMG_9052

2人ともなんてかわいいんでしょう。

最後にアートディレクター高田と、立ち寄ったところに偶然居合わせた猫ちゃんとのツーショット。
母のような顔をしていますね。

まとめ

今回の撮影では、クリエイティブな現場を体験・体感することの大事さを感じました。
プロの仕事を目の前で見て、参加することでしか得られない気づきがたくさんありました。
冒頭の話に戻りますが、
自分のやりたいこと、信じるものを見つめ直して、”やりたいことができてる” と、ちゃんと思える位置に立てたことはとても嬉しく思います。
ビズハニではこういう現場にも携わることもできます。
ここで働くメリットの一つでもあります。

そして、弊社では現在ディレクターを募集しています。
お粗末な記事でしたが、興味を持たれた心優しい方、ご連絡お待ちしております。

弊社のビジョン、募集要項に関しては下記をご覧ください。
http://beeshoney.jp/recruit/director/

ということでみなさん、今年も1年よろしくお願いいたします。

AUTHOR INFORMATION

RYOSUKE TOMITA

RYOSUKE TOMITA

UX DESIGNER

1988年生まれ福岡県出身。京都のデザイン会社にて数年働いた後、2014年からB&Hに参加。手掛けたWEB DESIGNは「Awwwards」「CSS Design Awards」「French Design Index」「Design Awards Asia」など多くの賞を獲得。国内外のメディアにも数多く掲載。趣味は山登りやアウトドア。音楽。

SERVICE

BLOG CATEGORY