ANDERSON MORI & TOMOTSUNE CAREERS SITE

FIND THE BEST IN YOU

日本を代表する総合法律事務所として、アンダーソン・毛利・友常法律事務所(以下AMT)様の弁護士や、弁護士を支えるスタッフ(秘書など)の採用のため、事務所のイデオロギーを踏まえた上での、採用サイトのフルリニューアルプロジェクトを担当させていただきました。

近年では、所属弁護士が400名を超える大規模法律事務所として、国内にはAMT様を含む5つの法律事務所が、5大法律事務所として、企業法務に特化しサービスを提供しています。

採用の課題としては、差別化が困難で人材獲得競争が激化している5大法律事務所の中で、いかにAMT様らしく他事務所と差別化を図り有能でカルチャーマッチした人材を獲得できるかでした。

その上で、ワークショップやヒアリング、リサーチを踏まえ、厳格な部門制を設けず、個々人の個性を尊重し、「自分らしく成長できる」環境があるというAMT様のカルチャーを採用コンセプトとして表現した「FIND THE BEST IN YOU」(あなたの「BEST」が、わたしたちの「BEST」になる)が策定されました。

MAIN VISUAL & CONCEPT MOVIE

「FIND THE BEST IN YOU」という採用コンセプトを、採用スローガンとしても起用し、訪問したユーザーに深く理解してもらうために約90秒のコンセプトムービーをサイトのトップに配置しました。ほぼ全編AMT様のオフィスでロケを行い、BGMも完全オリジナル、また、言葉を大切にする職種でもあることから、ナレーションの文言に至るまで、細部にこだわった動画となっています。

特に、事務所内の雰囲気、プロフェッショナルに仕事に向き合う様子、そして、バンドやバスケットボール、仲間や上司との談笑などの仕事以外でのフラットでフランクなAMT様の独自の文化を表現しています。

USER INTERFACE / USER EXPERIENCE

UI/UXではターゲットとなる大学・大学院生のスマートフォンでのアクセスと採用情報の更新性を踏まえたレスポンシブルwebデザインを採用。弁護士とスタッフの2軸の採用があるため、どちらの採用で流入してもそれぞれが見たいコンテンツへ、しかも詳細な情報までたどり着きやすいグローバルメニューや回遊動線を意識した情報設計・UIとなっています。
デザインのトーンでは、競合との視覚的にもスタイルでも差別化を図るため、強みである国際性・自立性の訴求から国内の法律事務所としての伝統的なトーンではななく、海外のベンチャー企業を意識した先進的なトーンを意識しました。

EDITING&MAIN CONTETNTS

編集としては、採用サイトのメインコンテンツとなる「先輩所員インタビュー」に注力いたしました。弁護士様総勢13名に入所動機ややりがいを伺い、所内で生き生きと働くシチュエーションカットやプロフィールカット、そして、担当案件のポートフォリオを円グラフ化し、視覚的にユーザーにAMT様で働く「様」をイメージしてもらいやすい様意識しました。また、スタッフ様も14名のインタビューとスチール撮影を行い、1日の業務の流れをタイムライン化したり、キャリアの違う秘書の皆様に座談会を開いていただき、これまではイメージしずらかった「弁護士秘書やスタッフ」のお仕事のユーザー理解の促進を行うコンテンツを編集いたしました。

WOMEN CONTENTS

また、もう一つの目玉コンテンツとして、女性が生き生きと働く環境のあるAMT様をよりユーザーに認知を行うコンテンツとして「WOMEN AT AMT」を作成いたしました。女性弁護士やスタッフがライフステージごとや日々の業務の中で、どの様に考え事務所のサポートを得ながら働けているかなどを表現しています。

CATEGORY

  • Brand Concept
  • Branding
  • Copywriting
  • Direction
  • Key visual
  • Photo Direction
  • Recruit site
  • Strategic Planning

SERVICE

CREDIT

  • TSUMIKI INC.

    FRONTEND ENGINEER
  • 4QUALIA

    BACKEND ENGINEER
  • BUNSAKU NAKAGAWA

    PHOTOGRAPHER
  • SHUNSUKE IMANAKA

    PHOTO DIRECTION
  • A.m Lab

    STYLIST&HAIR MAKE
  • ROASTER

    COPY WRITING
  • SHUNSUKE TAKIZAWA

    MOVIE PRODUCE・DIRECTOR
  • TASUKU MAEDA

    MOVIE BGM