kv01

企業ブランディング

企業ブランディングの役割

企業ブランディングの目的は「顧客」「採用」「株主」に対しての各目的を達成するために行う場合が多く、その目的をデジタル上で達成するために非常な重要なコミュニケーションポイントとなります。また「採用サイト」と比べると「顧客」「株主」への視点も入るため、芯となるコンセプトは分けて策定することをお勧めしております。


どう進めるのか

経営戦略・事業戦略策定では2時間のセッションを2回・もしくは半日のセッションにて企業分析を行い、企業分析(価値連鎖分析・資源分析)・戦略分析(RBV分析・VRIO分析・コアコンピタンス分析・SWOT分析・TOWS発想・競争戦略論・5フォース分析)・3C分析(企業分析・戦略グループ分析・ポジショニング分析・カスタマージャーニーマップ・顧客分析・競合分析)などを用いて中期的な経営の方向性と戦略を策定した後に、CIの策定をしていきます。