プロダクトブランディング

wishi_08

商品・プロダクトブランディング

商品・プロダクトブランディングはブランディングと共に「デザイン思考」を用いてのプロトタイピングが必要になります。


CIやブランドプロポジション策定を先におこないます

商品・プロダクトブランディングは、2時間のセッションを2回・もしくは半日のセッションにて企業分析を行い、企業分析(価値連鎖分析・資源分析)・戦略分析(RBV分析・VRIO分析・コアコンピタンス分析・SWOT分析・TOWS発想・競争戦略論・5フォース分析)・3C分析(企業分析・戦略グループ分析・ポジショニング分析・カスタマージャーニーマップ・顧客分析・競合分析)などを用いて先に(もしくは同時に)企業ブランディングとブランドプロポジションの策定をおこないます。