kv01

事業・サービスブランディング

事業・サービスブランディング

事業・サービスブランディングはブランディング・UI/UXの向上と共に、定量的な目標を独自で識別性のあるスタイルを貫きながら達成する必要があります。B/Hはもともとデジタルマーケティング領域を得意としてきたため、ブランディング会社やデザインブティックよりもビジネス視点が強いことが特徴でもあります。


CIやブランドプロポジション策定を先におこないます

事業・サービスブランディングでは、2時間のセッションを2回・もしくは半日のセッションにて企業分析を行い、企業分析(価値連鎖分析・資源分析)・戦略分析(RBV分析・VRIO分析・コアコンピタンス分析・SWOT分析・TOWS発想・競争戦略論・5フォース分析)・3C分析(企業分析・戦略グループ分析・ポジショニング分析・カスタマージャーニーマップ・顧客分析・競合分析)などを用いて先に(もしくは同時に)企業ブランディングとブランドプロポジションの策定をおこないます。