スタートアップブランディング

kv01

スタートアップブランディングの役割

スタートアップブランディング、長年経営してきた企業ブランディングとは異なり、「知・価値の探索」という役割があるため、企業ブランディングに加え、顧客にとってのバリューイノベーションは何なのかを模索しながら進めていく必要があります。また日々価値基準が変わっていくため、柔軟に変化させるる部分と変えてはいけない部分を見分けながら、CIの策定をする必要があります。


ブランディングとグロースハックを同時並行します

SquareやUber、Airbnbのように欧米ではスタートアップとブランディングエージェンシーが一緒にプロジェクトを進める事例が多くなってしました。B/Hは戦略・ブランディング・UI/UXに強みをもっているため、これを同時に行う事が可能です。


どうやるのか

通常の企業ブランディングのように、ブランドプロポジションを策定してから、CIを制作していく方法と、アジャイルでCIとUI同時開発していく方法があります。スタートアップは企業の「価値提供」が変わる可能性が高いため、後者で進めることもありますが、アジャイルでプロジェクトを進めるとそれ相応のリスクが出てしまうことがあるので、CIを策定してから、サービスを進めていくことを推奨しております。