ロゴ・シンボル・VI策定

kv01

ロゴ・シンボル・キービジュアルなどのヴィジュアルアイデンティティの制作

ブランドプロポジションで策定されたものを軸に、3C分析(Company, Customer, Competitor)や戦略グループごとに分けたポジショニングマップを活用しながら、ロゴ・シンボル・キービジュアル・タイポグラフィ・トーンアンドマナーなどの企業を象徴するような視覚的要素(Visual Identity)をデザインコンセプトと共に策定していきます。


ストラクチュアードカオスという独自のアプローチ

ヴィジュアルアイデンティティ(視覚的象徴)は機能性・合理性・定量などのサイエンスでロジカルな要素と、アート性・感覚・体験などのエモーショナルでアートな要素のちょうど中間点のものが模倣可能性が低く、ベストではないかという考えです。B/Hではアートディレクターとストラテジストがこの2つの要素を同時担うことで企業のVIを制作していきます。