PRORED PARTNERS BRANDING PROJECT

ABOUT PROJECT

日本の大手企業・上場企業の経営コンサルティングを手がける株式会社プロレド・パートナーズ様のコーポレートブランディングをさせていただきました。組織としての軸となる言語表現の形式化と今後の優秀な人材の獲得を目的とした戦略の方向性、コミュニケーション設計、企業のアイデンティティ・ビジョン・プロミス・バリューの策定とロゴなどを含めたデザインシステムの構築、採用サイトのコンテンツ設計・キービジュアルの撮影・ブランドムービーのディレクションなどを担当いたしました。

IDENTITY / VISUAL IDENTITY / KEY VISUAL

プロレドパートナーズの価値提供の源泉である差別化要素を全社員参加のワークショップからヒアリングしたのち、今後の戦略的な方向性、組織戦略の方向性などの要素を加味して、プロレドパートナーズの在り方・イデオロギーが何かを探っていきました。企業グループ内での競争戦略と心理的な企業グループ内でのポジショニング、デザインムードなどを含め、元々存在していたビジョンである「価値=対価」を象徴する根本の思考となる「Think Out. 価値にこだわるから、考え抜く」という、ブランドコンセプトとは全く別次元の存在である「ブランド・アイデンティティ」を策定しております。キービジュアルは「考え抜く」というブランドのアイデンティティをストレートに表現したものになります。

BRAND STATEMENT

今回のプロジェクトではブランドアイデンティティをさらに細かく言語化したブランドステートメントも作成いたしました。こちらは、代表の佐谷さんと共に作り上げたものとなります「私たちは考え抜く。クライアントに対して、社会に対して、どのような価値を提供できるのか。現状のままで良いのか。求めている以上の価値を生み出せないのか。何度も何度も、何度も何度も、何度も何度も、脳が擦り切れるまで考える。私たちの言動は、時に周りに負荷をかけ、迷惑をかけ、 成果をあげられないかもしれない。しかし、考えることを諦めない。誰よりも多く、諦めずに考え抜いた人たちが。革新的なものを生み出し、人を変え、世界を変えていった。私たちは誰よりも考え抜く集団で在りたい。Think out」

CORPORATE LOGO / BRAND ELEMENTS

Prored Partnersの社名の「Prored(プロレド)」という言葉には、プロフェッショナリズム(Pro)と情熱(red)への想いが込められています。また「地球上で最も知能の高い生物の一つ」といわれるイルカは、知識や知見に基づいて確実な成果を出すプロレド・パートナーズにふさわしいモチーフとして旧コーポレートロゴにも使用されていました。新しいコーポレートロゴでは、社名の頭文字「P」をイルカで表現しています。規則的に整列した線と丸みは、知的さと柔軟さ、そして任務における確実性の高さを表しています。

INTERFACE DESIGN / INTERACTIVE DESIGN

顧客・採用・株主とのコミュニケーションとして重要な要素となる、WEBとSPでのインターフェイスデザイン・情報設計・コンテンツ制作を担当しております。また、WEBサイトにおける動きに関しても「考え抜く」というアイデンティティを表現するアニメーションを作成いたしました。

BRAND MOVIE

ブランドムービーはEPOCHさんにご協力いただき制作いたしました。ブランドステートメントとキービジュアルを映像にすることでより理解しやすい方法でブランドアイデンティティを伝えることを目的としております。

CREDIT

  • Project Manager

    Kentaro Kanayama
  • Front end Developer

    Yoichi Kobayashi