It just alters your entire existence

Joel Tudor

BEES&HONEY.inc

Menu

View More
Close
Return
©B&H ーBrand Design Group

Business Design

Business Design provides strategic design services for business strategies that are divided into three areas, corporate strategy, competitive strategy, and organizational strategy. In addition, we support everything from new business development, planning of new products and new services, strategy, design, development, marketing and sales.

Service

Competitive Strategy

近代合理主義の上で成り立つこの資本主義社会では様々な課題を解決することで利益を得ることができます。しかし、他社と同じようなサービスを展開しては、損益分岐点を大きく上回る超過利益を出すことはできません。そこで他社よりも効率的に利益を出すためには、参入する市場の環境要因(SCP理論)を理解した上で競争優位性を確立することが重要になります。この競争優位性を構築するためにはリソースの模倣困難性を高める必要があります。これが経営理論としてのRBV(資源ベース理論)であり、ビジネスモデルというわけです。リソースの模倣困難性を高めるためには、蓄積経緯の独自性、社会複雑性、因果曖昧性などを考慮した独自のアクティビティ・システムを設計する能力が必要です。市場のコンテクストを深く理解した上で、未来を想像し、秀逸な設計力と野心ある行動力によってリソースの模倣困難性を高め、競争優位性を確立し超過利益を出す。これらの設計を実行し再現できる戦略を設計いたします。

Organizational Strategy

組織戦略とは主に、管理・学習・評価・採用・認知の領域の設計です。まず、企業が経営者の考える構想を実現するために、思想・哲学・美学などの規律を策定し、組織内の情報の非対称性や利害の不一致を少なくすることや、目標を共有化をすることによって、エージェンシー問題を抜本的に改善し、モラル・ハザードの少ない健全なマネジメントができる組織を作る必要があります。次にマインドフルネスや、形式知や暗黙知を伝達するSECI理論、アナロジカル・リーズニングや対話(ダイアログ)によって、自律的に動ける人材を輩出する環境を整え、KVB(ナレッジ・ベースト・ビュー)の共有コードを軸にメンバーが自律的に知の探索や知の深化を実行し、様々なリソースを掛け合わせるダイナミック・ケイパビリティ(新結合)が再現できる組織システムを構築するが重要です。このような高次な文化や環境を作ることによって、納得度の高い評価・機会による学習、思想による革新を機能することが組織戦略の役割であると考えます。そして、構想と思想を軸としたイデオロギー設計による広報・広告活動によるブランドマネジメントによって、企業文化に適した優秀な人材の採用へとつなげることが可能であると考える。私たちはこれらの設計を実行し再現できる戦略を設計いたします。

Corporate Strategy

企業戦略とは競争戦略や組織戦略によって拡大した組織が、資源の投資・削減などの分配によって経営者がみているビジョン(構想)に到達するために資産にレバレッジをかけて組織の成長スピードを高めることを目的とした戦略であり、M&Aを実行していく上でのファイナンス思考や、社会や株主(IR)に対しての信頼を勝ち取る高次な構想力と政治力が重要となります。また、衰退している企業の資源を再配分したり、競争戦略や組織戦略などの経営戦略などを駆使して改善する企業再生もこの戦略の領域です。既存事業の拡大(SCP理論)に対しての構想力が必要な戦略と新規事業の創出・イノベーション(R&DやCVC)に対しての思想力が必要な戦略など大局を見る戦略。企業レベルでのエージェンシー問題を解決するためにコーポレートガバナンスを強化することにも注目されている。私たちはこれらの設計を実行し再現できる戦略を設計いたします。

Project Flow

Step 01

Define the Project Goal

1 -2 Hours

まずはプロジェクトの概要をヒアリングいたします。売上・利益・認知・思想・哲学・採用・評価・経営・マネジメントなどあらゆる経営課題に対して、私たちの経験知と実践知をもとに、予算・納期・品質を考慮しながらどのようにサポートできるのかを擦り合わせさせていただきます。また、私たちのブランドに対しての考え方、プロジェクトの進め方、概算のスケジュールやスコープ等の相談を致します。

Step 02

Planning the QCD

1-2 Weeks

2回目の打ち合わせでは、限られた資金・人材・時間のリソースをどのように分配し、プロジェクトの目的を達成していくかを擦り合わせ致します。プロジェクト計画書を作成し始め、目的・背景・スコープ・スケジュール・メンバー構成・承認フロー・前提条件・制約条件などを定義いたします。また、次回から始まるブランドスプリント・ワークショップの準備を致します。

Step 03

Brand Sprint Workshop

2-3 weeks

経営戦略策定に必要な情報を揃えるために、弊社独自のブランドスプリントというワークショップをプロジェクトメンバー全員で行います。ブランドスプリントでは、通常数百万円、半年〜1年ほどかけて行うヒアリングを4時間程で終わらせることができます。経営戦略で使われる古典的なフレームワークではなく、現場の暗黙知や実践知をそのまま聞き出す手法をとることで、企業体としてのパーソナリティの認知、顧客に対する価値提供の源泉、顧客や採用ターゲットのパーソナリティ策定、戦略的なポジショニングを通して企業の哲学や嗜好を分析していきます。

Step 04

Designing Strategic Management Plan

3-4 weeks

ブランドスプリントにて定義したイデオロギーなどの理念体系と戦略的な方向性をもとに、中期経営計画書の作成をさせていただきます。

Plan

Brand Sprint Plan

50万円 -

2 Weeks

ブランドスプリントを体験していただくプランです。どのようにブランディングをしてよいのか分からない、効果がどれくらいなるかわからないものに投資はしづらいなど、まだデザインやブランディングに慣れていない中小企業様向けのプランです。ブランドスプリントを体験することで今後どのように変容していくかのイメージを掴むことが可能です。50名以下の少人数の企業様向け。

イデオロギー策定

ブランドの方向性提案書

Basic Plan

300 - 500万円

2 - 3 Month

ブランドスプリント、ブランドの方向性提案などを含め、ビジネス向けのプレゼン制作や中期経営計画書の作成を行います。約40~50枚程度を想定

Business Designer

Genki Imamura

Founder + Brand designer

Kentaro Kanayama

Strategic Planner

Strategic Partner

Kenta Izumi

Strategic Planner

Kiyoshi Hirono

Finance Director

Shota Kinoshita

Strategic Planner

Business Design Partner

Masahiro Ryohara

Rinn Inc Founder

Clients

Aidma Marketing

FIL

First Film

Ogino

Ponos

Prored Partners

Pan Project

Tagpic

The PPN

UZUZ

UUUM

Unimedia

Voice from Clients

Shunsuke Anai

FIL - Foreque Founder

FILのブランディング、クリエイティブディレクション、パッケージデザインを担当いただきました。林業という彼らにとっては未知ではないかと思う分野に対して、依頼するには若干の躊躇があったのは事実でした。しかし活動拠点となる阿蘇・南小国町まで何度も足を運んでもらいました。”ブランドは何故存在し、どこを目指していくのか。” 弊社は勿論、この土地が持つリソースや可能性についてお互いの意見をぶつけ合い、イデオロギーの策定だけに偏らず、クリエイティブな視野・哲学も含めたスケールの中でプロジェクトを進めることができています。