Less, but better

Dieter Rams

BEES&HONEY.inc

Menu

View More
Close
Return
©B&H ーBrand Design Group

TAGPIC

国内外のインフルエンサーを活用したPRに特化したマーケティング会社のタグピク株式会社様のコーポレートブランディングさせていただきました。組織としての軸となる言語表現の形式化とコミュニケーション設計、企業のアイデンティティ・ミッションの策定とロゴのリデザイン、採用サイトのコンテンツ設計・キービジュアルの撮影のディレクションなどを担当いたしました。

About

Timeline

2018 - Present

Industry

Marketing Agency

Location

Toyo, Japan

Goal & Objectives

01

ビジョン・ミッション・バリューの刷新

02

優秀な人材獲得のためのブランド設計

03

参入市場内でのポジショニング

Idea & Key insight

01

TAGPICの価値提供の源泉である差別化要素を、経営陣とのワークショップからヒアリングしたのち、今後の戦略的な方向性、組織戦略の方向性などの要素を加味して、TAGPICの在り方・イデオロギーが何かを探っていきました。トレンドに敏感で常にスピード感を持って挑戦し続ける姿勢とそれによって得ることができる実績と信頼、またそれらを継続することでの専門性の高さは顧客を惹きつけ、「ファッション・ブティック」のような存在であり、また人生を楽しんでいる魅力的な女性でもあると捉え、TAGPICのアイデンティティを「愉しく、逞しく。」と策定しました。キービジュアルでは、TAGPICの起源でもあるトレンドを発信し続ける「ニューヨーク」を舞台に働くビジネスパーソンを表現しています。

02

Instagram特徴でもあるハッシュタグ(#)をモチーフにした「#TAG(ハッシュタグ)」と写真共有プラットフォームとしてのPICTUREの「PIC」(※PICK UPのPICの意味も有す)を組み合わせた#TAGPICのロゴマーク。今回、旧ロゴでも使用していた「#」ハッシュタグのモチーフは視認性を高める目的で、しっかりとした形にリデザインしています。また、SNSブランディングの専門家集団としての”逞しさ”を表現する目的で、やや太めのタイポグラフィに変えることで、バランスのとれた中世的な知的さを表現しています。

03

コミュニケーションとして重要な要素となる、WEBサイトのインターフェイスデザイン(PC/スマートフォン)・情報設計・コンテンツ制作を担当しております。キービジュアルや社員インタビューページのアニメーションでは、ファッション雑誌のページをめくるようなイメージ訴求をしています。

Executions