There’s nothing more dangerous than someone who wants to make the world a better place

Banksy

BEES&HONEY.inc

Menu

View More
Close
Return
©B&H ーBrand Design Group

EMILI

国内で15万本以上が販売され、電子タバコ=EMILIという現象まで起こっている商品の日本正規販売代理店「EMILI JAPAN」。電子タバコ市場での差別化や、競合するの販売代理店への参入障壁を高く保つことを課題とした、EMILI JAPANのBRANDING PROJECTを担当させていただきました。

About

Timeline

2017

Industry

Water tobacco industry

Location

Tokyo, Japan

Goal & Objectives

01

類似商品との差別化

02

ブランド構築のためのKVの撮影

03

ルックブックの撮影

Idea & Key insight

01

課題解決の最大の要素がKEY VISUALやSTYLE BOOKでの「STYLEでの差別化」になります。いかに消費者や小売店様に対して「公式・オフィシャル」としての信用を築けるか、また、消費者が電子タバコに対して持つネガティブなイメージを払拭し、「これなら自分も持ちたい」と思わせるビジュアルを実現できるかがポイントでした。ビジュアルのコンセプトは「ELEGANT CIGAR CLUB」で、匂い、健康、コスト、デザインをケアする大人達は、EMILIを選ぶというメッセージが込められています。

02

正規販売代理店としての役割やブランド構築を踏まえたメインコンテンツを設計いたしました。BRANDページでは、EMILI JAPANというブランドの概要やEMILIという商品の簡単な紹介を行い、PRODUCTでは商品詳細とECサイトヘの導線、MAINTENACEではユーザーから質問の多いお手入れについての解説動画を設け、PARTNERSHIPでは小売店の皆様への導線を設けました。

03

KEY VISUALだけでは伝えきれない世界観をSTYLE BOOKとして訴求、醸成しより理解や認知を深める施策を実施しました。STYLE BOOKはあくまで世界観なので、あまり商品を前面に押し出しすぎないこと、様々なシチュエーションやストーリーに寄り添えるアイテムということを意識したアートディレクションや撮影を行っています。

04

今回はビジュアルやブランド構築へ多くバジェット先、UIは最低限のコミュニケーションに抑えているため、弊社で開発している「フォーマットデザイン」を応用したUIデザインを採用しております。 このフォーマットは先進性と触り心地、また、マルチデバイスに対応したレスポンシブルデザインとなっています。