FRINGE BRANDING PROJECT

ABOUT PROJECT

テクノロジーを駆使し、アドテク領域のみならずHRTech領域でのソフトウェア開発も行っているFringe81株式会社様のコーポレートブランディングをさせていただきました。組織として軸となる言語表現の形式化と優秀人材獲得を目的とした戦略の方向性、コミュニケーション設計、イデオロギー・バリューの策定とロゴを含むデザインシステムの構築、採用サイトのコンテンツ設計や全体のディレクションを担当いたしました。

IDENTITY / VISUAL ADENTITY

IDENTITY / VISUAL ADENTITY
Fringeの価値提供の源泉である差別化要素を、経営陣・事業部長参加のワークショップからヒアリングしたのち、今後の戦略的な方向性、組織戦略の方向性などの要素を加味して、Fringeの在り方・イデオロギーが何かを探っていきました。精度の高い仮説をたて、それを実行する行動力の高さ、新しいものへ挑戦する姿勢を「探検家」と例え、Fringeのアイデンティティを「Be an Explorer - 探検家たれ」と策定しました。キービジュアルでは、未踏の地(知)を探索し続けるFringeそのものを表現しています。

CORPORATE LOGO / BRAND ELEMENTS

少し太めのフォントを使用し、「芯」があり「知性」も感じられ、時代が経っても色褪せない癖の少ないロゴタイプです。「e」は「explorer(探検や好奇心)」を表現するため、東京の緯度(N35°41°)に傾けて「コンパス」を想起するものとなっています。また、シンボルは探検隊の旗をモチーフに「F Flag」としています。未踏の地(知)を発見したことを証明する旗印のような存在です。

INTERFACE DESIGN / INTERACTIVE DESIGN

コミュニケーションとして重要な要素となる、WEBとSPでのインターフェイスデザイン・情報設計・コンテンツ制作を担当しております。
トップページにランディングした際には、左上部のシンボルがフラッグのようになびくイメージを与え、旗を立てていく様を表現しています。JOINページのキービジュアルでは、全体キービジュアルと違い、採用ターゲットに対して次の探検家になってほしいという表現で訴求を行なっています。

CATEGORY

  • Brand Concept
  • Brand goods
  • Branding
  • CI/ VI
  • Copywriting
  • Corporate branding
  • Direction
  • Photo Direction
  • RECRUIT SITE

SERVICE

CREDIT

  • KENTARO KANAYAMA

    DIRECTOR / PROJECT MANAGER
  • TSUMIKI INC.

    DEVELOPER